カップラーメンの塩分量は、5〜6gが平均です


スポンサード リンク


カップラーメンの塩分量は
それぞれどれくらいなのでしょうか?


ここでは有名メーカーの
あのお馴染みの商品にどれくらいの量の
塩分が入っているのか調べてまとめてみました!


カップヌードルの塩分量


カップラーメンの定番ともいえる
日清食品のカップヌードルの塩分量ははたして?


<カップヌードル>(醤油味)
●ナトリウム・・・2g
●食塩相当量・・・5.1g
(めん・かやく・・・2.8g/スープ・・・2.3g)


<カップヌードルカレー>
●ナトリウム・・・1.7g
●食塩相当量・・・4.3g
(めん・かやく・・・2.3g/スープ・・・2g)


スーパーカップの塩分量


大盛りカップラーメンといえば
このエースコックのスーパーカップですね。


他のカップラーメンと比べて
内容量が多いため塩分も比例して多くなっています。


<スーパーカップ1.5倍 しょうゆラーメン>
●ナトリウム・・・3.4g
●食塩相当量・・・8.6g


<スーパーカップ1.5倍 みそラーメン>
●ナトリウム・・・3.7g
●食塩相当量・・・9.4g


麺づくりの塩分量


マルちゃん(東洋水産)の
麺づくりも定番商品となったカップラーメンです。


<麺づくり 鶏ガラ醤油>
●ナトリウム・・・2.4g
●食塩相当量・・・6.1g
(めん・かやく・・・2.0g/スープ・・・4.1g)


サッポロ一番の塩分量


長らく袋麺だけだったのが
カップラーメンとしても販売されるようになり
瞬く間に人気商品となったのがこちら。


<サッポロ一番塩らーめんどんぶり>
●ナトリウム・・・2.2g
●食塩相当量・・・5.6g


<サッポロ一番みそラーメンどんぶり>
●ナトリウム・・・2.0g
●食塩相当量・・・5.1g



※これらの塩分量は
商品のリニューアルによって変更になる可能性も
ありますので最新の情報は
各メーカーのホームページをご覧ください。


塩分をなるべく摂らずにカップラーメンを食べるには?


高血圧などの病気で塩分の摂取を控えたい方は
カップラーメンを食べること自体を
控えたほうが良いのは言うまでもありませんが
それでもどうしても食べたいときはあるものです。


大抵のカップラーメンは
含まれている塩分の半分以上が
「めん・かやく」ではなく「スープ」にあります。


入れるお湯の量を標準より増やして
スープの塩分濃度を下げておき
めんやかやくは全部食べてもスープは極力残す、
という食べ方をすれば最小限の塩分摂取で
食べることができます。



スポンサード リンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。